loading

『映画 太陽の子』

ビジュアル

僕らは、未来を作っていると思ってたー

“日本の原爆開発”を背景に、3人の若者の決意と揺れる想いを描いた300日の青春グラフィティ

事実を基に描くーー 8.6[FRI] ROADSHOW

  • コメント
  • 小説発売中!立ち読みはコチラ!
  • 数量限定特製クリアファイル付前売り券発売中
  • ファミマプリント
  • 期待&感想コメントを投稿して豪華映画アイテムをあてよう
  • ムビチケ
  • メイジャー
  • right-on
  • 天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗
  • 靴下専門店「Tabio」
  • 自遊空間
  • おむすび権米衛
  • 白寿生科学研究所
  • 現代オンライン

MOVIE

  • 予告編
  • 特報
  • 本編クリップ「修と世津、二人の時間」編
  • 赤ペン瀧川の“2分でわかる「映画 太陽の子」”
  • 特別映像 ハリウッド驚嘆、本作の魅力
場面写真
場面写真

柳楽優弥×有村架純×三浦春馬×監督:黒崎博「ひよっこ」「青天を衝け」

日米で描く“日本の原爆開発”!ハリウッドを魅了した青春物語。

INTRODUCTION

太平洋戦争末期に存在した「F研究」と呼ばれる“日本の原爆開発”。その事実を基に、時代に翻弄されながら全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春群像物語。
監督・脚本は「青天を衝け」など多くの話題作を手がける名手・黒崎博。彼が10年間大切に温め続けたこの企画に共鳴し、柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、田中裕子、國村隼、イッセー尾形、山本晋也、そしてピーター・ストーメアが参加。音楽にはアカデミー賞®️5部門ノミネートの『愛を読むひと』のニコ・ミューリー、サウンドデザインに『アリー/スター誕生』のマット・ヴォウレスと、ハリウッドスタッフが続々と参加。
さらに主題歌を、製作陣の熱い想いを受け止めた福山雅治が担当し、心に沁みるバラード「彼方で」で物語を深く彩る。今夏最注目の日米ビッグプロジェクトが遂に公開。

STORY

1945年の夏。軍の密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室の若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、原子核爆弾の研究開発を進めていた。
研究に没頭する日々の中、建物疎開で家を失った幼馴染の朝倉世津(有村架純)が修の家に居候することに。
時を同じくして、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰郷し、久しぶりの再会を喜ぶ3人。
ひとときの幸せな時間の中で、戦地で裕之が負った深い心の傷を垣間見る修と世津だが、一方で物理学に魅了されていた修も、その裏にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。
そんな二人を力強く包み込む世津はただ一人、戦争が終わった後の世界を見据えていた。
それぞれの想いを受け止め、自分たちの未来のためと開発を急ぐ修と研究チームだが、運命の8月6日が訪れてしまう。
日本中が絶望に打ちひしがれる中、それでも前を向く修が見出した新たな光とはー?

CAST

THEME SONG

福山雅治

「彼方で」
福山雅治

comment

僕自身の祖父母、両親は、1945年8月9日の長崎を生きていました。奇跡的に大きな被害を免れましたが、それは恐ろしく苛烈な現実だったと聞いています。『映画 太陽の子』は、そんな過酷な時代を懸命に生きた人たちの物語。人間は、その生まれた時代や逃れられない現実によって、かくも美しく、と同時に、時に愚かな選択をしてしまうのかと。 僕にとって本作は、遠い過去の話ではなく、自分ごととして、そして今に続く『平和な世界への願い』という人類の未来へ向けてのメッセージを受け取った映画でした。すべての生命が等しく生きられる世界、また、そういう時代へと、未来へと向かっていくための願いが込められた本作に、歌という形で関わらせていただけるこのオファーを、大切に、光栄に受け止めています。

最新アルバム「AKIRA」

最新アルバム「AKIRA」